犬のダイエット成功の秘密はドッグフードの〇肉にあり!

1ヶ月、2ヶ月とダイエットフードを与え、運動もしているのに、なかなか成果が出ないという方。

単純にカロリー計算だけしてフードを与えていませんか?

そのやり方だと、たとえうまくいってもワンちゃんがリバウンドしやすい体質になってしまいますよ。

 

ダイエットのキモは、基礎代謝を増やして脂肪を減らし、リバウンドしにくい体質にすること

 

そのためには、ドッグフードにしても、手づくり食にしてもある肉の存在が欠かせません。

このサイトでは、基礎代謝を増やし、脂肪を減らし、リバウンドしにくいワンちゃんに与えるべきドッグフードを紹介するとともに、なぜその肉が必要かを解説しています。

*犬の成長期(12ヶ月まで)、妊娠中、授乳中はあまりダイエットに気を遣う必要はないと考えているので、成犬・シニア犬を対象に記事を書いていることをご了承ください。

 

一般的な犬のダイエット法は?

動物病院の先生やサロン、ペットショップ、ネット上で一般的に言われている犬のダイエット法はこんな感じでしょうか。

 

  • ドッグフードの食べる量を減らす
  • 食べる総量を変えずに、1日に食べる回数・頻度を増やす
  • 栄養バランスのとれた低脂肪・低カロリーのドッグフードに変える
  • フードの回数増やした分、おやつはやめるか、少量にする
  • ささみ、野菜、こんにゃく、寒天など低カロリー食材を使う
  • 運動を増やす、散歩や遊びを増やす
  • 早食いできないような食器に変える
  • 毎日体重測定し、グラフに書いて増減をチェックする
  • ジルロタピドなど肥満用の薬を使う(医療分野なのでここでは言及しません)

 

恐らく、上記と似たようなダイエットをおこなってきて、あまり成果が出ずにこちらのサイトをのぞいてみたのではないでしょうか?

これらのダイエット法

実は、

正しい点 と 間違っている点 があるのです。

 

この犬のダイエット法の正しいところ

犬の正しいダイエット法は?

ドッグフードの食べる量を減らす

摂取カロリー よりも 消費カロリー が大きければ太ることはありません。

摂取カロリー>消費カロリーだから太ります。

摂取カロリーを減らすには、ドッグフードの量を減らすことは理にかなっています。

ただし、どのくらい減らすのかは、飼い主ペースではなく、あくまで犬に合わせたペースにすることがワンちゃんの健康のためにも大切です。

 

食べる総量を変えずに、1日に食べる回数・頻度を増やす

ドッグフードの量を減らすと、それがストレスとなって吐いてしまったり、エサを要求して無駄吠えしてしまう子がいます。

お腹がすいてストレスになる状態を少なくするため、食事の回数を増やすことは正しいダイエット法です。

出来れば、少量ずつ3~4回に分けて与えるようにしましょう。

ワンちゃんはエサの量を多くもらうより、エサをもらう回数に喜びを感じます

 

フードの回数増やした分、おやつはやめるか、少量にする

ドッグフードの1日の食べる量を変えずに、食べる回数を増やせばおやつの時間近くに食事をとることになるので、おやつはやめるか、ごく少量にするのは正解です。

 

運動を増やす、散歩や遊びを増やす

摂取カロリー>消費カロリーの状態を逆転させるためにも、散歩や遊びを増やすことは大切です。

散歩から始めて、距離を少しづつのばす、体使った遊びを取り入れる。

なれてきたら散歩に時々早歩き、駆け足をくわえていく。

徐々に強度を上げるのがコツです。

有酸素運動は、脂肪分解の引き金になります。

 

毎日体重測定し、グラフに書いて増減をチェックする

飼い主さんのモチベーションのためにも、ワンちゃんのためにも記録を取ることはいいことです。

ただし、ここでおすすめするダイエット法では、実際に体重が落ちてくるまでタイムラグがあります。

つまりすぐに体重が落ちてくるのではなく、ある程度基礎代謝を増やしてくれる筋肉が付いてきてから体重が徐々に落ちてくるようになります。

すぐに体重が落ちてこなくても、ワンちゃんの体の中では徐々に脂肪が落ちやすい体質に変化していってますので心配しないでください。

 

この犬のダイエット法の間違ているところ

栄養バランスのとれた低脂肪・低カロリーのドッグフードに変える

ささみ、野菜、こんにゃく、寒天など低カロリー食材を使う

早食いできないような食器に変える

こんなフードじゃダイエットにならないよ!

これらの犬のダイエット法は、

ダイエットするのは自分(人間)ではなく、犬である!

ということを忘れているのではないかと思える方法であり、納得できない部分ですね。

 

たとえ、獣医さんが言っていたとしても、獣医さんは犬の病気の専門家ではあっても、犬の食事や栄養学に関してのエキスパートであるとは限りません。

そのような獣医さんで、病院で取り扱っているメーカーのダイエットフードをやたらすすめる場合には、ちょっと裏があるのでは?と疑ってみてもいいのではないでしょうか。

 

犬のダイエットに関して、第一に忘れてはならないことは、

 

犬は本来肉食である

 

ということです。

犬の先祖、オオカミが肉食であるように、ワンちゃんも本来は肉食なのです。

そこを忘れてはいけません。

 

例えば、

病院やショップで勧められたダイエットフードを与えているのだけれども毛艶が悪くなってきたような気がする

と感じたことはありませんか?

ダイエットフードは、カロリーや脂肪を抑えるために動物性タンパク質(価格が高いという大きな理由もある)を減らし、その代わりに穀物や安価なタンパク源としての豆類をたくさん使用しています

 

犬にとって動物性タンパク質は主食です。

 

食べたタンパク質は分解されてアミノ酸となり、エネルギー源に、骨や内臓を作るために、皮膚を作るために、被毛を作るために使われます。

 

しかし、

供給量が少ないと、犬にとって生きるために必要なところからアミノ酸が使われていきます

そのため、被毛に回されるアミノ酸は少なくなり、毛艶が悪くなってくるということが起こります。

 

早食いできないように、よく噛んで食べられるように食器を変えるというのも、いかにも人間的な考え方です。

人間は雑食ですから、唾液に穀物の炭水化物を分解する酵素が含まれています。

しかし、犬は肉食で穀物は食べないので(野菜・果物は少しは食べる)、唾液に炭水化物を分解する酵素は含まれていません。

また、頭蓋骨の骨格や、歯並びもエサを丸のみするようにできています

いつ獲物にありつけるのかわからないので、食べられるときに食べておけるようにそのようになっています。

そのようなワンちゃんに、早食いできないようにする食器で食事させるのはかえってストレスを与えることになってしまうのではないでしょうか。

 

動物病院でよくすすめられるダイエットフードの中身

商品名 主な原材料 タンパク質量
ヒルズサイエンスダイエット減量サポート 小麦、コーングルテン、トウモロコシ、トリ肉(チキン、ターキー)、エンドウマメ、セルロース 27.7%(乾物重量比)
ロイヤルカナンミニライトウェイトケア 肉類(鶏、七面鳥)、とうもろこし、大麦、米、コーングルテン、植物性分離タンパク 28%以上
ナチュラルバランスファットドッグスフォーミュラ チキンミール、サーモンミール、ヒヨコマメ、乾燥エンドウマメ、大麦、オートミール 26%以上
メディコート<満腹感ダイエット> 穀類(小麦粉、コーングルテンフィード、コーングルテンミール、小麦ふすま)、豆類(脱脂大豆、おから)、セルロース 25.5%以上

*乾物重量比は水分を飛ばしたフードの成分比。水分含めた成分比では25%弱

 

ダイエットにおすすめドッグフード

当サイトがダイエットフードとして最適と考えるドッグフードです

商品名 主な原材料 タンパク質量
ジウィピーク エアドライ ベニソン 生肉・内臓・魚介類…96%(ベニソン生肉、ベニソントライプ生肉、ベニソンハート生肉など) 45%以上
ジウィピーク エアドライ ラム 生肉・内臓・魚介類…96%(ラム生肉、ラムハート生肉、ラムトライプ生肉、ラムレバー生肉など) 35%以上
ジウィピーク エアドライ グラスフェッドビーフ 生肉・内臓・魚介類…96%(ビーフ生肉、ビーフハート生肉、ビーフキドニー生肉など) 38%以上
オリジン レジオナルレッド 新鮮アンガスビーフ, 新鮮イノシシ肉, 新鮮ヤギ肉,新鮮ラム肉, 新鮮ラムレバー,など 38%以上
ケーナイン ラム・フィースト 草を与えられて育った生ラム肉(8%)、新鮮鴨肉(8%)、新鮮全卵(8%)、ラム肉ミール(8%)など 35.5%以上
ケーナイン ビーフ・フィースト 牛肉(人間食用の家畜から生産される)、レバー(牛)、グリーントライプ(牛)、腎臓(牛)など 35%以上
アカナ レジオナル グラスランド 草を与えられて育った生ラム肉(8%)、新鮮鴨肉(8%)、新鮮全卵(8%)、ラム肉ミール(8%)など 35%以上
アカナ レジオナル ランチランド 新鮮アンガス牛肉(8%)、草を与えられて育った生ラム肉(7%)、新鮮ヨークシャー種豚肉(7%)など 35%以上

成犬にはタンパク質含有量が少ないのでお勧めしませんが、シニア犬には持続型ビタミンCが入っているのでぎりぎりお勧めできるドッグフード(ビタミンCに関しては後述します)です。

通販で、定期的に届けてくれるので毎回購入が大変な方にも向いています。

商品名 主な原材料 タンパク質量
ナチュロル 新鮮牛生肉(北海道・兵庫県産)・新鮮鶏生肉(兵庫県産)・新鮮馬生肉(カナダ産)・新鮮魚生肉(兵庫県産)など 23-27%

 

おすすめしないダイエットフードとの違いはココ!

犬は元来肉食なので・・・

タンパク質含有量30%以上ある

肉食であるワンちゃんにはタンパク質が、特に動物性のタンパク質が必要です。

 

原材料のはじめに表示されてるのが肉類である

原材料名は使用量の多い順に記載されています。

穀物名が原材料の1、2番目にくるフードは犬に好ましいフードと思いますか?

同じメーカーで種類がたくさんあるのにこれを選んだ理由

ジウィピークエアドライシリーズには6種類の商品ラインアップ、

オリジン成犬用には4種類の商品ラインアップ

ケーナイン成犬用には3種類の商品ラインアップ

アカナ成犬用には5種類の商品ラインアップ

があります。

 

しかし、ここではジウィピーク3種類、オリジン1種類、ケーナイン2種類、アカナ2種類しか選んでいません。(ナチュロルはもともと1種類のみ)

 

どうして?

 

ここにこのドッグフードをダイエットにおすすめする大きな理由があります。

 

配合されている肉の種類をよ~く見てみてください。

選ばれているドッグフードに使われている肉類の種類が

ベニソン(鹿肉)

ラム(羊)

ビーフ(牛)

他に馬肉イノシシ肉山羊肉など

であることに気づきましたか?

鹿肉にはカルニチンがいっぱい

これらの肉には効率よく脂肪を燃やしてくれるカルニチンという物質が多く含まれているのです。

 

ちなみに、ドッグフードには使われていませんがダチョウの肉も多く、豚肉、クジラ肉は低く、鶏肉はさらに低い数値なります。

 

効率的ダイエットのキモはカルニチンたっぷりお肉

正しいダイエットとは、

単に低脂肪、低カロリーのドッグフードを与えて痩せさせる

ことではなく、

 

高タンパク質のフードを与えて

基礎代謝を維持する筋肉を落とさずに、余分な脂肪を燃焼させる

ことです。

 

さらに、

このサイトでおすすめしているドッグフードでダイエットをおこなえば、

筋肉を増やして基礎代謝を高め、脂肪も燃焼させやすくする

ことができるでしょう。

 

そのために選んだドッグフードが、

高タンパク質で動物タンパク質が多く

原料となる肉類にカルニチンを多く含むものを選ぶ

ということになります。

カルニチンとは

カルニチンは脂肪の運び屋さんあなた自身がもし、ダイエットの経験があるのならば「カルニチン」という名を聞いたことがあるかもしれませんね。

カルニチンはタンパク質が分解してできたアミノ酸から作られるもので、アミノ酸誘導体(アミノ酸の親戚のようなもの)のひとつです。

犬の体の中でも作られますが、カルニチンを多く含んだ肉を食べることによっても補給されます。

 

カルニチンは細胞内において、血液中に溶け込んだ脂肪酸を、細胞内の燃焼工場であるミトコンドリアに運ぶ役割をしています。

 

ちなみに、

犬の体内でカルニチンを作るときに必要となるのがビタミンCです。(このほかにもビタミンCはいろいろなところで使われます)

犬はビタミンCも自分の体内で作ることができるのですが、シニアになるとカルニチンやビタミンCを作り出す能力も落ちてきます。

そのため、シニア犬にはビタミンCも配合されているナチュロルをおすすめしています。

散歩+カルニチンで脂肪燃焼!

カルニチンは血液中の脂肪酸を燃焼工場であるミトコンドリアまで運んでくれます。

しかし、

その前に脂肪(グリセリンに脂肪酸が3コくっついている形をしている)を分解して脂肪酸を血液中に送らなければカルニチンが働きたくても働けません

 

その脂肪を分解するきっかけとなるのが有酸素運動です

犬にとってはお散歩ですね。

 

お散歩をすることと、カルニチンを含む高たんぱく食を食べることは

効率的なダイエットをするための必要不可欠な両輪

なのです。

どちらか一方だけでは、うまく動きません。

両方そろってうまく回転するのです。

ダイエットは両輪そろわないと進まない

 

おすすめドッグフードの給餌量はどのくらい?

実際にダイエットを始めようと思った場合、

または、今のダイエット法をやめてやり直そうとした場合、

どのドッグフードを1日どのくらいの量与えたらよいのかは悩むところだと思います。

 

ここでは、理想とする体重を維持するのに必要なフードの量から、どのくらいの量をあげたらよいのか考えてみましょう。

あくまで平均的なワンちゃんについての数値なので、これじゃなきゃダメということではありませんので

お気軽に計算してみてください。

 

ドッグフードの給餌量を求める方法

1.どのくらいの肥満状態か確かめる(病院で聞いてもOK)

2.理想とする体重を求める(病院で聞いてもOK)

3.理想とする体重の維持に必要なカロリーを求める

4.そのカロリー数に見合うフードの量を計算する

5.1週間で体重が1~1.5%減る量にフードの量を調整する

 

極端な食事制限はストレスや体調不良を起こしますので、あくまでワンちゃんペースでダイエットしましょう。

理想的な減量ペースは、1週間で現体重の1~1.5%減です。

5㎏の犬で1週間に50~75g位のペースです。

肥満度にもよりますが、3~6ヶ月かけて理想体重に近づけていきましょう。

 

ただし、

当サイトおすすめドッグフードでダイエットを始めた場合、始めた当初は体の中の脂肪が徐々に筋肉に置き換わっていくため体重は思ったほど落ちないかもしれません。

しかし、筋肉がついてくれば基礎代謝も増してきますので、そこから落ちるペースが速くなってくると思います。

あせらずに、じっくり取り組んでみてくださいね。

肥満度を確かめる BCSと体型

ワンちゃんの肥満度を測る目安に良く用いられるのがボディコンディションスコア(BCS)です。

このような表を動物病院などで見たことはありませんか?

犬のボディコンディションスコア(BCS)

ボディコンディションスコアはヤセから肥満まで5段階で評価します。

 

自分でBCSを測る手順としては、

1.ワンちゃんを上からのぞき、肋骨部分を触ります

2.そのまま腰の部分までてをスライドさせてくびれを確認します

3.真横から腹部のヘコミを確認します。

 

その結果が、どの体型に当てはまるのか確認しましょう。

BCSが4くらいの犬

おおよそ理想とする体重よりも107~122%太っている状態と考えられます。

BCSが5の犬

おおよそ理想とする体重よりも123%以上太っている状態と考えられます。

犬の理想体重と1日当り必要カロリー量(DER)を求める

もし、ワンちゃんがBCS5だった場合、

理想体重よりも、23%以上太っていると考えられます。

今現在、このワンちゃんの体重が5㎏だった場合、

このワンちゃんの理想体重は、

5 ÷ 1.23 = 4.07Kg

となります。(ぎりぎりで5の場合)

よくわからない場合には病院の先生に理想とする体重はどのくらいなのか相談してみるのがいいかもしれません。

理想体重は獣医師に相談

理想とする体重が出たら、

次はその理想体重を維持するために必要なカロリー数を求めます。

 

1日に必要なカロリーの計算は、

RER(安静時のエネルギー要求量)の計算と

そのRERにライフステージや活動量の係数をかけることで求められます。

DER(1日に必要なカロリー)= RER × 係数

 

係数は、去勢・避妊しているかどうか、肥満傾向にあるのか、減量中なのか、高齢であるか、などで変化します。

ちょっと計算が面倒ですね。

でも大丈夫です。

下で簡単にDERが計算できますので、あなたの家のワンちゃんでDERを確認してみてください。

 

 

*RERの計算には体重に基づく計算と、体表面積に基づく計算法があります。当サイトではより正確な値が出る体表面積に基づく計算法を採用しています。

ドッグフードの量を計算する

DERの数値が出てしまえば、あとは簡単です。

ドッグフードの量はすぐに出ます。

 

1日のそれぞれのドッグフード量 = DER ÷ 各フードのカロリー数 × 100 です。

商品名 カロリー数(kcal/100g)
ジウィピーク エアドライ ベニソン 470
ジウィピーク エアドライ ラム 560
ジウィピーク エアドライ グラスフェッドビーフ 550
オリジン レジオナルレッド 394
ケーナイン ラム・フィースト 572.5
ケーナイン ビーフ・フィースト 526.9
アカナレジオナル グラスランド 381
アカナレジオナル ランチランド 379
ナチュロル 400

例えば、

DERが320kcalでしたら、

1日のドッグフード量(ジウィベニソンの場合) = 320 ÷ 470 × 100 = 68.1g

となります。(下の商品案内のところで簡単に計算できるようになってますのでご利用ください)

 

今まで食べていた量と比べて、びっくりするくらい少ない量だった場合、その量でダイエットを始めてしまうとワンちゃんにかなりのストレスを与えてしまう場合があります。

あくまで計算で出てきた量は、理想的に痩せた時点でのフードの量になります。

そのような場合は、ワンちゃんがストレスを感じないように、計算で出た量よりすこし多めにした量から始めてみましょう。

ここで計算された量はあくまで参考値です。

ワンちゃんにとって一番最適なフードの量は、

体重が週に1~1.5%落ちている時のフードの量

になります。

その量を探すための参考値なのです。

 

おすすめのドッグフードはこんな商品です!

こちらで紹介するドッグフードは安価ではありません。

しかし、

ずっと元気でいてほしい > お金が大事!

であるならば

このドッグフードでダイエットしてみてください

ジウィ

ジウィピーク ドッグフード

ジウィはニュージーランドで作られる野生の獲物から得られる生肉食に近いフードです。

全てニュージーランド産の新鮮なベニソン(鹿)、ラム、ビーフの生肉・内臓、マッカロー(鯖)、緑イガイを使用しています。

栄養素と酵素が損なわれないよう乾燥させて作られています。

ほとんど生肉・内臓・魚介類からできているので、消化率はなんと95%もあるというのが素晴らしいところ。

ほとんど栄養として吸収されるので糞の量も少なくなります。

 

ジウィを扱っている楽天ショップ

アマゾンでのご購入はこちらからどうぞ

 

 

オリジン

オリジン ドッグフード

オリジンはアメリカケンタッキー州の農地に囲まれた最先端キッチン(工場)でドッグフードが作られています。

地元の信頼できる生産者から調達された食材は、いつ・誰が・どこで飼育・生産・漁獲されたのか明確にされています。

原材料は肉類の含有率が85-90%で肉・臓器・軟骨を自然な食事と同比率で配合しています。

穀類は一切入っていません。

血糖値を急上昇・急降下させるポテトなどの高GI値食品はもちろん、ビタミン・ミネラルさえ添加していません。

オリジンの工場では原材料となる肉類を低温調理しているので、原材料に十分に含まれるビタミン・ミネラルが破壊されないので添加する必要もないのです。

 

ジオナルレッドは、公式ショップがおすすめです

オリジンジャパン公式ショップ

*高額フードは、ショップでの売れ残りや、並行輸入品における輸送などで劣化している恐れがあるので、公式ショップから新鮮なフードを購入することをおすすめいたします。

 

 

ケーナイン K9

ケーナイン ドッグフード

ケーナインナチュラルはニュージーランド産の良質な家畜・家禽の原材料を90%以上使用した、非加熱フリーズドライ生食フードです。

非加熱でフリーズドライ製法なので、おいしさも栄養素もそのまま生の状態と変わりません。

犬本来の食事に近づけるために水かぬるま湯(37℃以下)で戻してから与えるところがちょっと手間です。(熱湯でもどすと栄養素が壊れます)

原材料の肉類は、放牧されて育った、健康な人間食用の家畜・家禽を用い、成長ホルモン剤や抗生物質、サプリメントなどは一切使用していません。

使用される野菜・果物も人間が食べられる新鮮な農産物を使用しています。

 

ケーナインを扱っている楽天ショップ

アマゾンでのご購入はこちらからどうぞ

 

 

アカナ

アカナ ドッグフード

アカナはオリジンの姉妹ブランドで、こちらは自社キッチン(工場)がカナダにあります。

単一動物原料50%のシングルシリーズ、動物原料60-75%のヘリテージシリーズ、動物原料70%のレジオナルシリーズがありますが、高タンパク質でグレインフリーなのはレジオナルシリーズです。

オリジン同様、血糖値を急上昇・急降下させるポテトなどの高GI値食品は配合されていませんが、オリジンに比べて肉類の配合量がやや少ない分、野菜や果物、ハーブの配合量が多いのが特徴です。

 

グラスランド・ランチランドは、公式ショップがおすすめです

アカナファミリージャパン公式サイト

*高額フードは、ショップでの売れ残りや、並行輸入品における輸送などで劣化している恐れがあるので、公式ショップから新鮮なフードを購入することをおすすめいたします。

 

 

ナチュロル

ナチュロル ドッグフード

ナチュロルはビタミンCが添加された唯一の国産のドッグフードです。

上で紹介しているドッグフード以外の一般的なドッグフードは、ビタミン類も破壊される高温で加熱生成されています。

したがって、ビタミンA、D、Eのような脂溶性のビタミンは残るのですが、ビタミンB群、Cのような水溶性のビタミンは破壊されてしまいます。

ナチュロルは、低温フレッシュ製法でもともと素材にある酵素やビタミンを生かしたうえに、熱や光、水分、酸素にたいして壊れにくい持続型ビタミンCをさらに配合しています。

 

シニア犬、毎回購入が面倒な方はいかがでしょう

9919

 

 

手作りドッグフード用にいかが

鹿肉の通販

国産の鹿肉の通販を行っているところの紹介です。

プレシカ(ペット用)無添加鹿肉ドッグフード パラパラミンチ

 

馬肉の通販

国産の馬肉の通販を行っているところの紹介です。

ペット用馬肉パラパラミンチ



 

ここまで真剣に、ワンちゃんのことを考え、お読みくださりありがとうございました。

正しいダイエット法を身に付ければ、今以上に楽しいワンちゃんとの時間が過ごせるようになるはずです。

ワンちゃんにストレスを与えないようなダイエットに励んでくださいね♪

コメントは受け付けていません。